HOME > もみちゃんブログ > 探偵スタッフ > 【調査レポート】聖なる夜に…クリスマスイブの大追跡

もみちゃんブログ

【調査レポート】聖なる夜に…クリスマスイブの大追跡

こんにちは10月に入り寒くなってきましたね、僕はまだ半袖ですが...

僕は暑がりなので圧倒的に冬が好きです、暖房もまったく付けないです
夏は少し徒歩尾行しただけでTシャツがビチャビチャになるので気持ち悪くなります。
こんな僕が寒すぎて死にそうになった現場の話をしたいと思います。

クリスマスイブの張り込み調査…

それは去年のクリスマイブの事です
一年で最もラブホテルが埋まる日ですね、調査案件もびっしり埋まります
クリスマスの調査予約はお早めに!

ご依頼者様の情報では四日市方面に不倫相手がいる可能性が高いとの事でした。

調査当日、早朝より張り込み。
8:00ぐらいに対象者が車に乗り外出、何処にも寄らず最寄り駅方面へ
駅のコインパーキングに駐車し、名古屋方面の電車に乗車
名古屋駅にて降車

この時は近鉄乗り場に行くかな~なんて考えていました。

予想を裏切りまさかの大移動

対象者が向かったのは新幹線乗り場...
券買ってるし
嘘だろって思いながら、僕は入場券(140円)を購入
直ぐに社長に電話、『どうしますか?』 社長『行って!』

何処の会社もこんな感じですよね!!

改札を通過し、乗車したのは東京方面
真逆やん...

とりあえず車両に待機している相棒とどうするかを相談し、相棒は車両で東京方面へ向かう事に
ここからが地獄の始まりでした
ゆらゆら揺られ『品川駅』で降車
もちろん相棒はまだまだ
東京に不倫相手が居るのか、この時はまだ半信半疑でした
山手線に乗り換え、クッソ満車!
暑い暑い
耐え切れずダウンジャケットを脱ぎました

ついにターゲットが接触!寒空の下5時間の張り込み…

とある駅で降車、僕も初めて来ました
改札を出ると居ましたよ、ニコニコしてる不倫相手
後日判明しましたがオンラインゲームで出会ったみたいです
手を繋ぎコンビニに入店
酒と食べ物を大量に購入し退店
迷うことなくラブホテルに一直線

相棒はまだまだ着きません
とりあえず出入口が一つなのを確認し一息着きました

一時間経過、流石に寒いな~ しかも川沿い
二時間経過、座るところが全く無いし 寒いな~
三時間経過、散歩してる犬可愛いな~ 寒いな~
四時間経過、『まだ?』 相棒『渋滞』 この時絶対風邪を引くと確信しました
五時間経過しないぐらいで相棒到着、話を聞くと高速を2回間違えたみたいです

誰にでも間違いはありますよね。

やっと車内!と思いましたが、目の前にトラック停車...
出入口が見えない.

再び立ち
日が落ちて風もビュンビュン
初めて寒すぎて死ぬって思いました
(依頼者さんの為に 死ぬまで頑張る)

この後の記憶はあまりないです、景色も変わらないし

ようやく出てきたターゲット

するとやっと出てきましたよ、さむ~みたいな顔して(>_<)
怒りを抑えながら、とりあえず尾行
電車に乗車し
追い打ちかのように電車の中は暑い暑い!変な汗が流れました

『品川駅』で不倫相手と解散
不倫相手の所在特定に移行

この時、すんなり帰ってくれるかななんて甘い考えをしていました

デパ地下で買い物をしだす不倫相手
ちょこちょこちょこちょこ歩き回る不倫相手

今度は頭が痛くなってきました
ちなみに僕は全く風邪とか引かないです!

この買い物が長い長い
女性の買い物って本当に長いですよ

ようやく買い物を終え、駅の改札を通過
この辺りで体力と精神の限界を迎えていました
こんなに長時間一人で徒歩尾行するのも初めてでした。

後味の悪い調査終了

見慣れない駅で乗り換え、相棒にも連絡、疲れていてこの時県をまたいでいた事に気づいていません
全く聞いた事のない駅で降車、相棒は間に合いません。

ロータリーに停車していた車に不倫相手が乗車。
タクシーは居ない…

はい、走りますよ
寒いし、耳痛いし、頭痛いし、暑いし
追いつけるわけもなく見失いました。

とりあえず社長に電話、『車乗ったので無理でした』 社長『いや~しかたないねお疲れ様』
普段はこんなに優しくないです。
この電話の後に自分が千葉県に居る事を知りました、
そりゃあ相棒も間に合いませんよね
後味の悪い調査終了になりました。

結構長くなってしまいましたね。
一先ず、不倫の証拠は撮れましたし、
不倫相手の車には追いつかなかったのですが。次につながる重要なポイントは押さえました

2度目の東京→千葉では、不倫相手の自宅と名前など特定できました!

また印象的だった過去の現場を書こうと思いますので楽しみにしていて下さい!

 

P.S. 後日この現場の事で社長と大喧嘩しましたwww

お気軽にお問い合わせください

メールでお問い合わせ

この記事を書いた人

Copyright c 2015 - 2020 楓女性調査事務所 All Rights Reserved.