HOME > もみちゃんブログ > 浮気調査・不倫調査の予備知識 > 探偵が解説。不倫証明に有効な証拠とは

もみちゃんブログ

探偵が解説。不倫証明に有効な証拠とは

 

お客様

不倫の証拠はどんなものが有効?なぜ集める必要があるの?

 

 

このようなご質問を多くいただきます。

 

不倫をしていた配偶者に対して裁判を起こすにせよ、話し合って関係を改善するにせよ、「不倫をしていた」という確たる証拠がなければはじまりません。証拠がなければ言い逃れされてしまい、かえって関係が悪化する危険性もあります。現に私たちも証拠がないまま問い詰めて泥沼化した夫婦を嫌というほど見てきました。

 

今回は証拠を集める必要性やどんなものが証拠として扱われるのか?といったことを解説します。

 

 

そもそもどこからが不倫なのか?

 

まず前提として、「どこからが不倫か?」という線引きが非常に重要となってきます。よくネットでも「浮気の境界線は?」という記事を見かけますし、話のネタにもなっているくらいです。一緒に歩いている、ご飯に行く、旅行に行く、手をつなぐ、キスをする、性的関係があるなど、基準は人によって異なります。

 

たとえば一緒に歩いていただけ、ご飯に行っただけでも浮気だと考える人もいるでしょう。一方で性的関係があっても気持ちが移っていなければ問題ないと考える人もいるかもしれません。このように、人によって価値観は違います。そんな状況で、「浮気したでしょ?」「いや、していない」と議論をしても成り立ちません。

 

民法では離婚を提起できる条件の一つとして、「配偶者に不貞な行為があったとき」というものを定めています。つまり不貞行為(配偶者以外の異性と自由意志で性的関係をもつこと)があれば、離婚することができるというわけです。

 

法律的にはいっしょにご飯を食べに行ったり、日帰り旅行に行ったり、手をつないだりというのはまだセーフ(心情的には許せないかもしれませんが……)。性的関係があってはじめて不倫が認められるということです。

 

従って私たちも不貞行為に及ぶことを浮気や不倫と考えることにしています。

 

 

証拠を集める必要性とは?

 

冒頭でも解説したとおり、証拠がなければはじまりません。特に調停や裁判を起こすときには必須です。法的手続きは証拠ありきで進められます。裁判所に「この人は不倫したので離婚して慰謝料を請求したいです」と訴えても、証拠がなければ主張が真実かどうか判断できませんので、取り合ってすらくれません。

 

話し合うにしても、証拠がなければ「そんなことしていない」と言い逃れられてしまいます。言いがかりをつけられたと言われて、逆に関係が悪化したり、名誉毀損で訴えられたりするリスクもあります。

 

離婚するにしても、関係を修復するにしても、まずは動かぬ証拠を押さえて、相手に不倫したことを認めさせることが重要なのです。

 

また不貞行為をしていた方は一方的に離婚を切り出すことができないと民法では決まっています。今すぐ裁判や話し合いをしなくても、将来離婚を切り出されたときに有利になるよう、早い段階から「保険」として証拠を収集しておく方もいらっしゃいます。

 

 

不倫の証拠として有効なもの

 

先ほどもご説明したとおり、不倫の証拠で重要なのは「不貞行為があったかどうか?」ということ。従って、これを証明できるものが必要です。

 

とはいえ不貞行為に及んでいる現場を押さえることは現実的ではありません。そこで、たとえば不倫相手といっしょにラブホテルに入ったり、相手の自宅に二人っきりで入ったりといったことが証明できれば、不倫の証拠となりえます。

 

裁判で争われるのは「いつ、どこで、だれが、どんなことをした」ということ。たとえば配偶者が不倫相手と●●というラブホテルに二人で入って行ったところを写真なり、動画なりで撮影したものがあれば証拠として扱われます。ただし顔が鮮明に写っていない、日時がわからないとなると、どうしても証拠能力は劣ってしまいます。

 

このように不貞行為があったと認めるに足りる証拠を押さえることが重要です。

 

ちなみにSNSやメールでのやり取り、電話などの音声データも証拠としては扱われます。しかしどうしても現場の写真や映像と比べると不貞行為があったことを立証するのが困難で、証拠能力は低くなってしまいます。私たちは不貞行為の裏付けという立ち位置で活用するケースが多いです。

 

 

調査会社だからなら最強の証拠を集められる

 

浮気調査をしている私たちが作る「調査報告書」は最強の証拠です。対象者を調査して、ラブホテルに入る・相手の自宅に行くなど、不貞行為に及んだと考えられる決定的な瞬間を写真や映像に収めます。もちろん日時やそのときの状況も克明に記録。さらに、裏付けとして対象者と不倫相手の普段の様子も網羅します。

 

こうして第三者がまとめた一冊の調査報告書には非常に高い証拠が認められるのです。楓女性調査事務所では地道で綿密な調査と、これまでのノウハウを駆使して、確固たる証拠を押さえます。

 

加えてその後の関係修復や裁判がスムーズになるよう、弁護士の紹介や話し合いのフォローなどもさせていただきます。

 

個人が不倫を立証するのは容易ではありません。どうしても身内が提出する証拠品は証拠能力が低くなりがちです。自分で調査を行うことで、配偶者に発覚して余計に関係が悪化するリスクも伴います。

 

 

もみちゃん

「浮気をされているかもしれない」「確実に証拠を集めたい」。そんな方はプロである私たちにお任せください。オンラインでのご相談はこちらからお問合せください

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

メールでお問い合わせ

この記事を書いた人

Copyright c 2015 - 2020 楓女性調査事務所 All Rights Reserved.