HOME > もみちゃんブログ > 夫の浮気・不倫調査,四日市の探偵事務所 > 三重郡菰野町 [夫の浮気調査相談事例]   常習犯の夫!酔って妻に誤爆ライン! 

もみちゃんブログ

三重郡菰野町 [夫の浮気調査相談事例]   常習犯の夫!酔って妻に誤爆ライン! 

三重県三重郡菰野町にお住いの20代後半のAさん
夫とは大学の同級生で結婚5年目


今までに夫は2回の浮気をしています。
それでも結婚生活を送っているのは、夫の心からの?謝罪を受け入れて信じていたから。
それと私が夫を愛していたから。

でも3回目はないよ!と夫に言い誓約書(慰謝料+離婚)を書かせました。


 

(カウンセラー)

もみちゃん
今回は3回目の浮気かも?って事ですか?どうしてわかったのですか?


(Aさん)

お客様
今回浮気している事がハッキリすれば3回目になります。夫は絶対浮気していない!と言ってます。
10日ほど前の事です。  
夫から夕方LINEがきました。

 

お客様
今日、急に会社の飲み会になったから行ってくるね。 上司がいるから帰りが遅くなると思うから先に寝ててと。

 

お客様
私は夫の浮気の前科がある事から疑い深くなってしまっていて、ついつい本当に会社の飲み会なの?とか、早く帰れないの?など聞いてしまいます。
お客様
夫は、
疑ってる?自分が浮気したから悪いんだけどね。
でももう謝るの嫌だから、それに誓約書も書いたしね。
自分の給料で慰謝料払えないし、絶対離婚したくないからね
お客様
と、LINEが返ってきます。  そこまではよかったのです。

 

お客様
数時間後、夫からLINEが入ったのです。
でもそのLINEが少しおかしかったのです。

 

お客様
(夫)酔っぱらったよぉ〜!今からそっち行ってもいい?

 

お客様
(妻)飲み会終わったのぉ?
今、どこ?

 

お客様
(夫)何言ってるの?さっきまでMちゃんも一緒に飲んでいた居酒屋でしょ!

 

お客様
ここで私は、もしかして夫は私とMちゃんと間違えてLINEしてる?私は、このままMちゃんのフリをしてLINEを続ける事にしました。

 

お客様
(夫)Mちゃん、すぐにタクシーで行くねぇ。

 

お客様
(妻)家、わかる?

 

お客様
(夫)何言ってるの?いくら酔っぱらいでも何度も行ってるからわかる!10日前にも行ったし

 

お客様
(妻)今日は私のところに来てくれるの?奥さんのところに帰らなくていいの?

 

お客様
(夫)いいの!今日はMちゃんと一緒にいたい。
Mちゃんだけが好きだから。

 

お客様
(妻)奥さんの事は好きじゃないの?

 

お客様
(夫)もう付き合い長すぎて全然楽しくないからさ。好きじゃないって!早く離婚してMちゃんと一緒になりたい

 

お客様
(妻)ホント?離婚してくれるの?

 

お客様
(夫)ホント!浮気バレてないから性格の不一致で離婚!それなら問題ないでしょ
もうすぐ着くよ。

 

お客様
(妻)家で待ってるね。

 

お客様
(夫)待っててね。明日は会社一緒に出勤しようね!あっ、まだバレるといけないから会社の近くまでね!

 

お客様
これが夫の誤爆ラインです。
翌日LINEに気付いた夫がLINEではなく電話をしてきました

 

お客様
電話の内容です。
お客様
(夫)ごめん!本当にごめん!昨日酔っ払って居酒屋に携帯忘れてきてしまってその間にいたずらで誰かがLINEしたみたいで本当に浮気してないからね!信じて!
会社の近くのビジネスホテルに泊まったんだ。

 

お客様
(妻)そう、わかった

 

お客様
(夫)信じてくれた?ありがとう

 

お客様
これが訳の分からない夫からの電話でした。夫は3回目の浮気をしています。
でも夫は絶対に浮気を認めないと思います。
誓約書もありますし。
今、私が夫の浮気相手の事でわかっている事は名字は分かりませんが名前はMさん、夫と同じ職場って事だけです。
お客様

私は3回目の約束通り慰謝料+離婚で進めたいと思います
もう浮気の心配ばかりの日々から卒業して笑って過ごしていきたいと思います。

 


お客様
そのために夫の浮気調査をお願いします。
しばらく夫はおとなしくしているかもしれませんが浮気夫は我慢が出来なくなってMさんに会いに行くはずです。急に調査のお願いをする事があるかもしれないですがよろしいですか?


(カウンセラー)

もみちゃん
Aさんの気持ちよくわかります。
誤爆ラインびっくりですよね。誓約書あって良かったです。
浮気を認めざるえない証拠を探偵さんがとってきてくれます。
もみちゃん
急な対応も可能です。
スタッフ皆で最善を尽くします!!
調査期間中も終了後も、Aさんが笑顔で過ごせるまでフォローします。


 

お気軽にお問い合わせください

メールでお問い合わせ

この記事を書いた人

Copyright c 2015 - 2021 楓女性調査事務所 All Rights Reserved.