HOME > もみちゃんブログ > 夫の浮気・不倫調査,四日市の探偵事務所 > 【夫の浮気調査相談事例 三重県桑名市】浮気相手から宣戦布告LINE!負けてたまるか!

もみちゃんブログ

【夫の浮気調査相談事例 三重県桑名市】浮気相手から宣戦布告LINE!負けてたまるか!

今回の相談は三重県桑名市在住の30代後半のHさんです。
Hさんは結婚して12年目で8才の子供が1人います。
Hさんは専業主婦です。夫は従業員2人の小さな会社を経営してます。
カウンセラーの私から見て、Hさんは素敵な奥様って感じの方です。 
Hさん、思っている事全て話して下さいね。

突然の事だったんです。どうしたらいいかわからなくて…

夫が浮気しているなんて今まで考えた事もありませんでした。別に夫に変わったと思う所もなく、夫の帰宅が遅い日が続いても、仕事が忙しいんだな!ぐらいにしか思っていませんでした。
普段と変わらず生活をしていました。
最近まで夫婦生活もありました。

ある夜、見知らぬアカウントから私にLINEが届き、
「今、そちらに御主人返しましたから」と書かれていました。私は意味がわからなかったのですが、それから30分程で夫が帰宅しました。いつもと変わらない夫に、私はいたずらかな?と、あまり気にしなかったのです。

しかし数日後夫の帰りが遅い夜
「今そちらに御主人返しましたから」と前と同じLINEが入ったのです。そして30分程して夫が帰宅したのです。
なんかおかしい?もしかして夫が浮気?
私は、すぐにでも夫に問いただしたかったですが、本当に我慢しました!そして、もう少し女からくるLINEを集めてから夫に問いただすと決めました。

数日後、夫の帰りが遅い夜女からLINEが入りました。
「御主人の事で、お話しが、あります」と
私は初めて
「どのような御用件ですか?」と返しました。
私はどんなLINEが返ってくるのかドキドキしていた時、夫が帰宅しました。
何も変わらない夫を見ていると、
もし夫が浮気をしていたら、こんなに何もないような態度をとれる夫の事を信じられない人になってしまう…。と思いました。でも
この時の私は、まだ少しは夫を信じたいという気持ちがあって、悪いいたずらであればいいのにと思っていました。
数日後、夫の帰りご遅い夜、
そのLINEが入ったのです。
「御主人と離婚していただけませんか?」と
私は「あなたは誰ですか?本当に私の夫の事ですか?」と返しました。
「そうです。○○さん(夫の名前)の事です」と返ってきました。私は気が動転して何が起きてるのかわからないくらいでした。
女に名前を聞いても返ってこなかったです。
次に女から入ったLINEは、
「往生際が悪くないですか?」でした。
私はLINEの返信はしていません。

 

 


しかし最後のLINEの往生際が悪くないですか?を見た時、夫は女に何を言ってるんだろう?夫は、妻が別れてくれない!と女に言っているのではないか?と思うと夫を許せない!女と会って帰ってきても平然としていられる夫が憎い!とおもいました。

少し前まで、女のLINEわ集めて夫を問いただしてやろう!と思っていましたが、あの夫は絶対に浮気を認めない!それでは私の気持ちがおさまらない。
女の名前も家も何もわかりません。でも夫は絶対に浮気をしてます!
浮気の証拠が欲しいのです。お願いします。

Hさん、夫の浮気相手からの突然の宣戦布告LINE!びっくりして当たり前です。
Hさんに尋ねました。
「もう一度御主人とやり直すための調査ですか?それとも離婚を考えての調査ですか?」
Hさんは「まだ復縁か離婚か決めていません。離婚となれば子供の事も考えなくてはならないし、今は夫がどうするか!それを知りたいです。私がどれだけ辛い日々を過ごしたか夫にわからせたいです!」
と言われました。

これからHさんもいろいろ悩む事もあるかと思います。そんな時はいつでもお話し聞きますよ!
一緒に頑張りましょうね!

お気軽にお問い合わせください

メールでお問い合わせ

この記事を書いた人

Copyright c 2015 - 2021 楓女性調査事務所 All Rights Reserved.