HOME > もみちゃんブログ > 妻の浮気・不倫調査,探偵スタッフ調査レポート > 【調査レポート】超警戒している対象者からも証拠を取る技術力

もみちゃんブログ

【調査レポート】超警戒している対象者からも証拠を取る技術力

名古屋の探偵 てっちゃんです。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます!!

今回の調査は旦那様からの依頼です

奥様が職場の人と不倫をしているみたいです。

そこまでは至って普通なのですが。

以前、他の探偵会社に依頼したことがあり、そこの探偵がかなり警戒を与えているようです

浮気妻が買い物中、尾行どうやらバレていたらしいです。

ここ、探偵さんのポイントなんですよね。

不貞の証拠を取得する前に、バレてしまったらなんともなりません。

僕たち探偵も、できる限り見て詳細をお客様にお伝えしたいのですが、

ひとりでの買い物や、同姓同士の行動に重きはおきません。

なんのための調査かを理解しておかないと・・。

話を戻します。

数年前に探偵依頼をしたことを知っている対象者や、最近の行動で探偵の尾行がバレているような場合。

こうなると僕たち探偵は、通常の警戒ない調査よりかなり難易度が上がってしまいます

時間をおけばある程度は警戒心も薄れていきますが。

奥様の不倫調査! 他社の尾行バレで警戒心の高いターゲット

調査開始は奥様の仕事終わってからの時間から!

どれくらい警戒があるのか?
それとももう警戒していないのか

緊張する初回の調査です。

夕方過ぎに退勤して車を走らせ、見通しがよく人通りもすくない場所に停車しました。

見通しが良すぎて近づけない、、、

肉眼では車内の様子は見えません

カメラのズームを限界まであげて車内を見ていると…

な、なんと!

浮気妻は双眼鏡?で周りを見渡している様子です。


※ 写真はイメージです

そうか!だから見通しの良いところに停車したわけですね。

警戒心はかなり高いというか・・。
もう追われてるってわかっているような感じです・・・。

ということは、ここから怪しいですね。
なにもなければ、双眼鏡まで使うことないですもんね。

そうこうしていると男性が歩いてきて、奥様の車に乗りました

警戒してても会うんですよね。

どんなに警戒していても、別れていなければ会うのです。

ここは、探偵撮影もバッチリできています

調査成功の秘訣はお客様とのコミュニケーションとスタッフの連携

警戒しているとわかっているなら対策とれますが、

警戒しているという情報がない場合だと

調査がうまくいかない可能性が高くなります

当社は、カウンセラーが常駐しているのと

カウンセラーと探偵の情報共有は常時してますから安心です。

お客様ご自身が配偶者の警戒に気づかなくても、お客様と配偶者の会話内容から

カウンセラーが違和感を感じ取り、

もしかしたら警戒あるかもしれない。と言ってくれます。

逆に僕たち探偵が、初日の調査や対象者の行動で、警戒が窺える場合は、

お客様と配偶者さんに何らの会話や喧嘩などなかったか 聞くときもあります。

依然警戒の強いターゲット…はたして証拠は撮れるのか!?

この二人、車を走らせ中華料理屋に

駐車場に車を止めたら普通はすぐに店の中に入りますが

なかなか車から降りてきません

15分くらいして降りてきたと思ったら、二人とも後部座席に乗り換えました

行動が不自然です。

でも僕たち探偵に気づいている様子はありません

かなり遠くで確認してますからね!

さらに15分後くらいしたら後部座席から降りて店内に入っていきました

安心したんでしょうか。運良く店がガラス張りのところで店内でイチャイチャご飯を食べています

ご飯を食べ終わって車を走らせること10分

ホテルに入っていきました。

ここは探偵!勝負どころ!

ホテルのフロントまで入っていき部屋番も撮影できました!

ホテルまで入ってたらこういう警戒心ある人でも緩くなります

2時間くらいしてホテルから出て調査終了です!

こういった 警戒のある調査は

かなり疲れますが、やったった感は半端ないです!!

お客様も当社にお願いして良かったと言ってくださったようです。

探偵さんによろしくお伝えくださいというメッセージも頂きました。

僕たち、表に出ることがないので、お客様からの労いの言葉は本当に嬉しいです。

次回もきっちり証拠撮ります!!

お気軽にお問い合わせください

メールでお問い合わせ

この記事を書いた人

Copyright c 2015 - 2021 楓女性調査事務所 All Rights Reserved.